MENU

 本当にその日は朝から凄い緊張感に包まれていたんです。
だけど欲求不満だったわたし、体だけの関係と言うものをついに約束してしまいました。
PCMAXで知り合った彼がわたしに合わせて昼間の時間に待ち合わせの調整をしてくれました。
短い時間だけ、一時身体を重ねあわせる約束。
たくさんコミュニケーションをとっていきましたから、信じられる安心できる相手だと言うことは分かっていました。
だけど、こう言う関係が初めてだったし緊張感は半端なものではありませんでした。

 

わたしよりも先に待ち合わせ場所で待っていてくれたその男性、にこやかに挨拶をしてくれました。
駅前のカフェでコーヒーを飲んで少し会話、ワンクッションをおいてくれたおかげで気持ちの整理もつけることが出来て、その後ラブホテルに移動することになったのです。
随分と慣れているって感じで、とても優しく上手にリードされていました。
わたしの緊張をほぐすようにしっかりと会話をしてくれて、自然な形で彼に体を預けていく事が出来たのです。
まったりと前戯が始まり、自然に服を脱がされて全裸にされていきました。
彼のオチンチンはとても元気に大きく硬くなっていました。
久しぶりに勃起したオチンチンを見て凄く興奮しあって、夢中になってフェラをしてしまったんです。
気持ち良さそうに声を出して感じてくれました。
わたしの体もオマンコも物凄いたくさん愛撫してくれるし、すっかりと気持ちよくなってたくさんのお汁が溢れてしまったんです。
約束通りコンドームをつけて、挿入してきてくれました。
その時の快楽、余りにも気持ちよくって悲鳴みたいな喘ぎ声を出して感じ続けてしまったんです。
たくさんのピストンで膣をかき回され続けて、本当に久しぶりの快感を全身で味わっていく事が出来たのです。
とっても激しくわたしの肉体を責めてくれて、アクメを覚えていきました。

 

本当に割り切りという関係で、セックスをすることが出来ました。
プライベートな話も全くしなかったし、セックスが終わってシャワーをしてお別れすることになりました。
久しぶりのセックスに体が火照って、自宅に帰ってからもオナニーをしてしまったんです。